ニュース

2017.04.03

RMサザビーズ・ヴィラ・エルヴァ・オークションで注目の5台

RMサザビーズは5月27日にヴィラ・エルヴァで行なわれるオークションで、いくつかの注目すべきモデルを出品する。裕福な層は小切手帳を用意し、そうでないものは宝くじを握りしめてこのオークションを見守ることになるだろう。

ここではその注目のモデル、トップ5を紹介しよう。

第5位 1953年式 ベントレーR-タイプ・コンチネンタル・スポーツ・サルーン by マリナー

マリナーの手によって架装がされた1953年型のベントレーR-タイプ・コンチネンタル・スポーツ・サルーン。デビューはその年のジュネーブ・モーターショーだ。右ハンドル・モデルで、リア・ホイール・スパッツ、ライトウエイト・アジャスタブル・シート、ダブル・フィラメント・ヘッドランプなどのオプションが装備されたモデルだ。ロールス・ロイス・オーナーズ・クラブで3回の「ベスト・オブ・ショー」の受賞経歴があるモデルでもある。


第4位 1957年式 BMW 507ロードスター
落札予定価格:€1,700,000-1,900,000(2億円〜2億2500万円)

間違いなく最も美しいスタイルを持つBMW。シー・グリーンの鮮やかなボディ・カラーも特徴的だ。僅かに251台が製作されたに過ぎないモデルで、このRMサザビーズに出品されるのは、オリジナル・エンジンとファクトリー・ハードトップを装備する1台。その走行距離は73,000kmだ。オーナーは4人変わっているが、そのうちの1人はこのクルマを52年間保持し続けた記録が残っている。

第3位 1930年式 アルファ・ロメオ6C1750GSスパイダー
落札予定価格:€2,200,000-2,600,000(2億6000万円〜3億1000万円)

シャシー・ナンバー8513001のこのモデルは、カロッツェリア・スポーツSAによるコーチワークが施された初期の4台のうちの1台。1932年にホースト・ヴァン・ヴァルドハウゼン男爵のドライブでスイス・カー・チャンピオンシップに出場した後、ジュリオ・ヴィラースのドライブでヨーロピアン・ヒルクライム・チャンピオンに出場している。その他にも、輝かしいコンペティション・ヒストリーを持つ。

第2位 1937年型 ブガッティ・タイプ57アタランテ・プロトタイプ
落札予定価格:€2,800,000-3,200,000(3億3000万円〜3億8000万円)

3台だけが生産されたタイプ57アタランテのプロトタイプ。その中でもシャシー・ナンバー57254は特別な存在だ。ワークス・ドライバーであったメオ・コンスタンティーニのためにデリバリーされたモデルで、スペシャル・チューンを受けたエンジンを搭載していた。走行距離は僅かに26,000km。オリジナルのツール・キットも備える。

第1位 1937年型 タルボ・ラーゴT150-C SSグーテ・ドゥ・クーペ
落札予定価格:€3,200,000-4,200,000(3億8000万円〜5億円)

「ディアドロップ」として有名なフィニョーニ&フラスキー製のスペシャル・ボディを持ったT150は、エアロダイナミクスに優れたボディが与えられたモデル。アール・デコの傑作とも言えるこのクルマは、その生涯の多くをスイスで過ごしてきた。2002年にアトリエ&カロッセリー・デ・ツーレインでコンクール・コンディションにレストアされている。


最新ニュース

特集記事

記事一覧

特別企画

記事一覧

イベント・レポート

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧