ニュース

2017.04.03

シルバーストン・クラシックス、今年はジャガーXJ220をフューチャー

最低でも40台のXJ220を集めたい、と主催者

今年は6月28日〜30日に開催されるシルバーストン・クラシックスは、100のカークラブが集い10,000台以上に上るクラシックカーが集まる世界最大のクラシックカー・イベントに成長した。近年では2012年に84台のグランプリ・マシンを集めたり、2014年には964台のフェラーリが集結するなど、サーキット・イベントとしては異例の記録をマークしてきた。

今年も例外ではない。主催者側は今年はジャガーXJ220をフューチャーするとしている。今から25年前に製造された当時の世界最速モデル、ジャガーXJ220は、271台が製造されたが、出来る限り現存するモデルを集めるためにスペシャリスト、ドン・ローと手を組んだという。

「現在、すべてのXJ220のオーナーに集合してもらうために手をつくしている」とローは語った。

「われわれはマルティニ・カーとMIRAクラッシュ・テストのためのモデルを含め、いくつかのスペシャル・モデルを展示する。また、ル・マン・レーサーも参加する予定だ。いままで、英国で開かれたジャガーXJ220のイベントでは、最大20台のXJ220を集めたが、われわれの狙いは、少なくともその2倍の数を確保したいと考えている」

イベントの主催者であるニック・ウィグレイも「2011年にわれわれは767台のジャガーE-タイプを集合させた。これはジャガーのパレードとしてギネス世界記録となっている。それ以降、数多くのアストン マーティン、ポルシェ911、フェラーリF40、フォード・ムスタング、そしてグランプリ・マシンなどをこのイベントのために集めてきた。そして、今年、かつて見たことのないジャガーXJ220を集めることになる」としている。

最新ニュース

特集記事

記事一覧

特別企画

記事一覧

イベント・レポート

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧